好きな人との仕事時間。

Umineko美容室女性美容師オーナー フルセ ハナBlog

原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からのスタート。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 温もりのあるお店づくり、スタッフのやりたいことへの実現、福利厚生を整えて少ない人数で最大の利益を生み出す経営をしています。

私の仕事の時間と場所。

Umineko美容室を経営しながら、美容師としてはネイルサロン ロピでサロンワークさせて頂いています☺︎(Umineko美容室から徒歩2分くらいの場所にあります)


ロピではみんな女性なのでとにかく雰囲気が柔らかい。それに完全個室なのでネイルと美容室のお客さまを大切に両立でき、お互いの空間を尊重しながらサロンワーク出来るので本当に感謝しています。

一緒にサロンワークしているケイティは私の高校からの大切な友達です。

そして、ロピのスタッフのんちゃんはケイティの前の職場の同僚でロピの仲間になってくれました!自分のことを慕って“働きたい”といってくれる人がいるってすごいことですよね。

二人の会話をアトリエからサロンワーク中に聞いていると『上司と部下の会話なのっ⁈』と、羨ましいくらい仲良しです。(もちろん、立場をわきまえつつの距離感があるからこそです)

お互いの距離感を大切に尊重しながら仕事環境を築いているケイティは私にとってステキな女性オーナーであり、とても尊敬しています。

前のブログでも書きましたが、

オーナーとスタッフという関係を良好にする。
どんなオーナーさんも そうしたいはずです。

私はとっっても苦労しているのでわかりますが、そう心から思っていても簡単にできることではないです。

  • 相手の行動が気になってしまう
  • ついつい仕事のやり方について言ってしまう
  • 少人数だと距離感を保つのが難しい
  • 立場が違うので行き違い、思い違いが生まれやすい
そこを全てクリアにして3人で仕事の関係性を保ちつつ 仲良く、お客さまを大切にできることは、私にとって『働く』ことへの新しい気づきであり、嬉しさでした。

ケイティとは、高校卒業してからは全く連絡も取り合っていなかったのですが、私が彼女の家の近くで独立することを知ってUmineko美容室に通ってくれるようになってから また交流が再開できたきっかけです。

その時は、まさか一緒に仕事するなんて思ってもいませんでした。笑

いつ、だれと出会えて、その縁をお互い大切と感じられるのか。

仲間とは仕事を発展させていく時に一番のパワーになる。

どんなにスゴイ結果を出せても一人きりで達成するよりも、仲間と協力して出せた結果は心に深く感動になり自分を強くさせてくれます。

仕事する意味って奥が深いです。

ただ、お金を稼げればいいわけでもない。

そこに必ず“相手の役に立てるかどうか”この部分がなければ豊かな時間にはならないと思っています。

私がUmineko美容室を使ってイベントを始めたのも
“お客さまとスタッフの役に立てることをしたい”
この気持ちからです。

最近はちょくちょくUmineko美容室にひょっこり行ってます!

やっぱり私にとって周さん、井上さん、丸さんと会えるとなんだかホームに戻った感じで安心します!

Uminekoの仲間とロピの仲間がいてくれてもっと強く頑張っていきたいと思えます。

女性のみでの仕事も仲間次第でとても心地よいものです☺︎

Uminekoカンパニーとして、いろんな可能性を広げていきたいです。

0コメント

  • 1000 / 1000