“体験”をプラスに変える。

Umineko美容室女性美容師オーナー フルセ ハナBlog

原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からのスタート。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 温もりのあるお店づくり、スタッフのやりたいことへの実現、福利厚生を整えて少ない人数で最大の利益を生み出す経営をしています。

今月は、女性をキーワードにしてみようかなと思います(^^)

“女性に対する接し方”で悩んだことはありませんか?

私は女性なのですが、女性への対応で苦労する事が多々ありました。気持ちのすれ違いは、ちょっとしたことで溝ができてしまい大きなわだかまりになってしまう怖さも学んできました。

当たり前ですが、こじれてしまうと何をしても埋められなくなる可能性が高くなってしまいます。(修復への時間がかなり必要になります)

私自身、こんなに配慮しているつもりなのに「なぜ、上手く伝わらないのだろう」と悩む事が多かったです。

この女性の繊細な心への配慮する言葉や対応へは、男性もですが、同性である女性でもすれ違いで傷ついてしまうことがよくある気がしています。

私も仕事を始めてから、女性上司に対して思っていたのは、仕事だという理解は出来るのですが、どうしても相手を一人の女性としても判断する部分が多かったということです。

そうすると仕事がどんなにしっかり出来ても、女性として尊敬できる部分が少なかったり、『私の方ができてる部分多いし』的なことを思わせた時点で立場が作りづらくなるます。

自分がそういった気持ちを抱いていたので、独立する時は本当にどうしたら良いかを考えていました。
独立したのは30歳だったので、信頼して仕事してもらう事への難しさで苦しみました。
  • どうしたら信頼してもらえるのか?
  • どうしたら良い関係性を築けるのか?
  • 仕事での立場を相手に対してどうしたら理解してもらえるのか?(先輩、上司、社長として)

とても大事な項目ですよね。
仕事で基本的には、受け止めること、感情では話さないことが大切です。
相手に対して、働きやすいように縁の下の力持ちとして動いてあげること、スタッフが評価されるようにさらりと何も言わずに協力してあげること。
こんなところもポイントですよね。

今、私が心がけているのは“ありがとう”をしっかり主語をつけて伝える。
ただの“ありがとう”という単語よりも、何に対して「嬉しかったのか」、「感謝したのか」を伝えることをしています。

私自身は感情のコントロール、伝えたいことを伝えることへの失敗は言葉足らず、相手の気持ちへの配慮不足が多く、感情を抑えること、常に一定のテンションを保つことへの難しさも痛感しました。

ただ、この部分への自分への改善はすぐに変えるのはとても大変かもしれません。

それよりもまず、“見た目”を変化させることをオススメします!なぜなら、一瞬で変わった感をだせるからです!

そうすると、内面的な変化も起こしやすくできます。

なので、まずは外見からチェンジする。

すぐに変われるポイントをお伝えします!

逆算思考で考えるとどういう人とはあまり仕事したくないか?を考えるとわかりやすいと思います。
  • 仕事に追われて疲れている雰囲気や態度→笑顔がない人、言葉が投げやり
  • 洋服やヘアスタイル、身だしなみなどキレイと思えない→洋服がシワシワ、シミ、髪型バサバサ、カラー伸びてる、美容室に3ヶ月行っていない感がある
  • 挨拶が声だけ(ちゃんと相手を見ていない)→気持ちが分からない、誠意が見えない
  • 体型や姿勢、立ち振る舞いが好感が持てない→猫背、内股、ナヨナヨしている

ざっとこんな感じでしょうか。

自分だと気付きづらいのでそんな時は、写真や動画を撮影してもらうと良いと思います!
あとは客観的なアドバイスをくれる信頼できる人がいると良いと思います。(ダメ出ししてくれる人)

見た目ははっきり言ってすぐ変えられます!

女性であれば
  • スタイルチェンジではなくても髪の毛先を綺麗にカットする、艶感があるようにお手入れする(トリートメント、シャンプー、客観的なメンテナンス、毎月の美容室でのケア)
  • 洋服を安くても良いので素材に気をつける(シワになりづらい、光沢のある素材を入れる、仕事の服を白シャツやワンピースなど決めてしまうのもひとつです)
  • コンビニでの食事を控える

男性であれば

  • 月一でカットする(客観的に整える)
  • 食べシミ、洗濯シワがある服は着ない、体型に合わない服(キツそう、ダルダルなど)を着ない
  • 体型への気配り(太りすぎない)
  • 匂いへの配慮(口臭、体臭、タバコ、香水も強すぎるものは嫌われやすい)
  • ヒゲはあるなら整える

気分や感情をいきなり、仏のようにするのは無理でも 笑 見た目はすぐに変えれて時間もかかりません!

女性スタッフがいる経営者さん、もちろん、女性オーナーさん、美容師のみなさん、社会人のみなさん、行動する価値ありです!

どうせならお互い心地よく仕事したいですし、第一印象は良い方がそのあとのコミュニケーションは円滑ですよね!

“清潔感”は私たち美容師、経営者なら必ず、持ち合わせてほしいものだと思います。“美”を作る側ですしね。

そして、女性に対しての配慮としてまず、自分自身の身だしなみ、立ち振る舞いを意識して向上させる。信頼してもらえる“見た目”もとても大切です。

キレイに自分を整えていれば、いきなり何か誘われても戸惑いませんし、しっかり整えた自分でいれば身が引き締まり、相手に対しても自信ををもって行動出来ます。

それだけで、話し方、相手への伝え方へ意識が上手く回りだすと思います。

自分の身だしなみに無関心な方より、“整った”方と仕事する方が嬉しいものです。
そして信頼もされやすいです。

せっかくです!

楽しんで自分をバージョンアップしていきませんか☺︎

0コメント

  • 1000 / 1000