Umineko美容室 フルセ ハナ

横浜市 センター北駅 Umineko美容室で美容師&オーナーでやっております!

女性美容師として仕事やライフスタイル、日々の感じ想うコト。美容室の経営者として伝えきれない部分を文章にして伝えられたらと想っています。

そしてウミネコ美容室を横浜に住んでいる方と美容師さん少しでも知って頂き、美容室に来ることをもっと楽しみな時間にしていけるように伝えていきます。

記事一覧(154)

美容室経営のその先のビジョンは?

先日、こんな質問をされてドキッとした私です…。今は5月17日、センター南へのウミネコ美容室オープンのため動いていています。目の前のことを一生懸命というのは“頑張ってるね”という感想にはなりますが、経営する上では、必ず決めて舵取りしなければいけない“その先のビジョン”ですよね。皆さんはいかがでしょうか?4月はとにかく問題整理になる月になりました。・発注内容、商品、取引先の精査・店内備品の買い付け・オリジナルクッキー製作・パーソナルスタイリストさんとの継続的企画案件・利益率30%への取り組みリピートと集客を最大限に高めるために                           ×私が一緒に仕事したい方との楽しい企画(クッキー、スタイリング)やはり企画したりするのは好きなんですよね。まだまだですが!シャンプーもあと少しで完成です。思った以上に香りに一番苦戦しております…まだまだ経営者というにはアーティスト脳が強いのでここのマインドセットも私の課題でもあります。実は壁紙が私がイメージしていたものと違くてものすごいショックを受けていました…ですが、そのこだわりってそこまで必要なのか、なぜ嫌なのか、なにがイメージと違うのか…という、細分化させることで気持ちも落ち着き、インテリアが入ればおしゃれになる、という結論になりました。グロービスで学んだクリティカルシンキングには助かっています!お客様、スタッフへコミットする部分でのマイナスになる場合は資金投入しますが、そうでなければ私が一番リスクヘッジしてどう解決するかかなと思っています。戦略的な積み上げが苦手ではありますが、そこは必要な外部のメンバーにアドバイスもらいながらどう協力してもらえるかをしております。スタッフバランスも採用が決まり、6月で7名になります。「7人が集まれば組織になる」この言葉を聞いてからずっと意識していた数字です。自走できる強い組織にするためにも、ここからのチャレンジングは意味のある決断であると、未来に言えるようにしていきます。私のその先のビジョンはまだお話しできませんが、循環できるビジネスがやりたいです!動きつつ、どう生きるかを見定めていきます。皆さんのウミネコ美容室センター南の応援もよろしくお願い致します!!私の大好きなえびちゃんとのコラボのアイシングクッキーもお楽しみにです!

悩んだ時の乗り越え方

最近、新しく出会う方が多くて嬉しい日々。経営をする上で、人に会うことが私にとって一番 学びになります。本を読むのもすごく良いけど、結局はその人に会うことが一番の自分の中での学びがでかいと思ってます。同じ場にいるだけでエネルギーを体感できるし、考え方の共有してもらえること自体がものすごい価値になります。なので、人への時間投資は惜しまないです。時間の共有が一番ぜいたくですよね。私は自分が苦しいときほど人に会うことをおすすめします。ただし、友達と、ではなく“自分よりも成し遂げてチャレンジしている人”気が引けても、一人だとしてもそこにいくことが自分にとって大切なきっかけをもたらしてくれます。・仕事での突破口になる・出会うことで自分の考えではたどり着けないヒントが得られる・プライドを置き「困っている」という事が話す事が出来ればその先がある私は、去年、苦しい時にとにかく出かけて行きました。グロービスにも行ったし、笑 オンラインサロンにも入り、そこで自分から話しかけることを決めて知らない方に話しかけていきました。気になる経営者がセミナーや登壇するとなれば無理矢理にしてでもその場にいることをしました。そしてそこで出会う人と話すことで前を向けるようになりました。私は自分の考えを言語化し相手に伝えるプレゼンテーションをする場を作ること、これこそフェーズを変える大きな一歩だと思っています。素直に相手にうまくいってないことを話し、自分のいらないプライドを壊していきました。そして四苦八苦しながら今に至ります。私が苦しい時にして良かったことは、自分の一番嫌なことを知ることここでした。すきなことは逆に知らなくても見えてきます。ですが、嫌いなことや自分が何に対して傷つくのか、パフォーマンスが極端に落ちるのか、私は意外にもこの部分を知ることが抜け落ちていました。なので、気持ちとやってることがかみ合わず、どんどん苦しくなるスパイラルにはまっていたのです。みなさんは“自分の一番傷つくこと”をちゃんと知ってますか⁇そこを知ることこそ、自分との気持ちと行動のズレがなくなってきて無駄な不安な気持ちと時間がなくなります。仕事の意味は人それぞれで、幸せのあり方も人それぞれです。美容室経営されている方は優しい方が多い。でも、一番に考えるべきは自分の幸せ。ここからの逆算でしかないのかなと思っています。今日はスタッフに呼んでもらってご飯会に行ってきました。なにより楽しかったし、仕事での行き違いを相手をリスペクトしながらも、スタッフそれぞれが言葉を使って伝え合えてることに感動しました。これこそ、私がなりたかったオーナーとしての立ち位置です。なりたい自分からの紐解きがわからない時はぜひ、苦しみが何なのかを知る行動をしてみる。逆算からの行動あるのみですね。

思考をレバレッジする。

私が面接で大切にしていること。1.表面の良いことだけいわない2.出来ないことは“できない”と伝える3.してほしくないことは理由も話し伝える以前の面接はこの部分はなく、よくある面接のセオリーだけ質問して終わっていました。だから、スタッフが入社してからお互いに 違和感がある場合がありました。そんな経験があるからこそ、私は「誠実に伝える」これをとても大切にしています。さてさて、今年は5月に新店舗をオープンするという、行動あるのみになりますが、日々、せっせと動いております。新しいスタッフも11月から2ヶ月ペースで入っているので研修などもしながら仕事をしています!スタッフにとっても、ウミネコ美容室にとっても、一度来て下さったお客様にまた来て頂けるように「不安がないようにするためには⁇」をいつも考えております。 “不安”はマイナス要素なので経営者としてはスタッフとお客様に徹底して一つでも取り去りたいと思っています。不安の軽減として出来ることは「内容の捉え方が相手と思い違うことがないように伝えること」だと思っているので、冒頭でも書きましたが面接でも経営理念や会社として出来ること、出来ないことを包み隠さず徹底して伝えています。“思ってたのと違う”これが一番お互いに不幸なこと。だからこそ、良いことばかりを並べることはしていません。スタッフに「お客様に誠意をもち、不安がないように相手の立場になり、言葉でわかりやすく伝えることをして下さい」、と伝えています。これは、日々、自分で頭を働かせ、考え、言語化もしていないと とても難しいです。なので最近ではめっきり、技術のアドバイスはしなくなりました。ウミネコ美容室はみんなスタイリストで技術はある、前提だからできることですが。(でもなによりも、接客をする上で笑顔がいちばん大切です。まずこちらから贈る側でいるためにも大切なことです。)コトバをちゃんと伝えられるようになることはとても重要でそれができればいろんな方へ自分の思いを伝えることができます。そうなるとより、深くモノゴトを考え、先読みしていく習慣ができるとも、思います。そうすると日常がたくさんのヒントになってきます。思考が変われば、すべてが自由にカスタムできるようになります。“考えられること” 思考を許されているのはものすごい素晴らしいことだと思います。自分で考え、行動できる。もちろん辛いこともありますが、すべてをどう捉えるか、とても重要です。自由に思考を働かせることができる今、私ももっとレバレッジをかけていきたいです!!【お知らせ】\ウミネコ美容室のセンター南店ができます/・半個室・首に配慮したシャンプー台・女性スタッフ(スタイリスト歴13年以上)周りの方を気にならない特別な空間になります。「たるまない頭皮」「美しいつや髪」ここをもっと効果を出せる環境になりました!せひ、新しいUmineko美容室を見にいらして下さいませ。ご予約は取り間違えにならないように全てUmineko(045−507−3577)でご対応させて頂いております。ホームページからもLINE@でもご予約頂けます!お手数おかけしますが何卒宜しくお願い致します。スタッフと共に学び精進して参りますのでこれからもロピ、ウミネコ共に応援していただけたら幸いです!!

“個室美容室”のその先は⁇

新しいサロンを作るのは3つ目になります。今、たくさんのワクワクと、ヒリヒリする不安との狭間を「あぁ、こんな感じだったな…」と、思い出しております。ウミネコ美容室を出店した時は、何も分からず、「お店は出店すればお客様はきてくれる」くらいに思っていましたし、「スタッフも私がオーナーなら絶対ついてきてくれる」とまで思っていました。怖いくらい幼い考えと無知ですよね。今はそんなスタート地点から7年経ち、店舗を作ること、雇用することの責任の意味が少しだけわかるようになってきました。この気持ちになれたのも苦しい時期があったからです。2018年4月、私はどん底にいました。アトリエサロンは私のお客様のみで週2回のサロンワークなので大きな数字の変化はないのですが、ウミネコ美容室の売上の方が損益分岐点を割り込んでしまいました。そして、お客様からもあまり良い評価を得られていないことに気づかされました。自分のみたくない現実を見て、目が覚めた瞬間でした。そこから、経営、接客、薬剤、集客…改善に次ぐ改善になります。そして、一つずつ向き合う事で私はこの“ウミネコ美容室を作りたかった気持ち”を取り戻していく感覚になりました。そして、店舗をより良くしていくことを実践しているとき苦しいながらも充実していることに気づきました。あんなに逃げたくなっていた経営でしたが、何かが変わってきました。そして、売上もスタッフの協力と経営改善により7月くらいから緩やかに回復をし始めました。結果2018年12月の売上は私が抜けてから過去最高の数字がでました。そんな状況だった去年から、まさか出店を決断する“ワタシ”がいるとは思いませんでした笑もっとウミネコ美容室のお客様に喜んでもらうためにもアトリエサロンのような個室空間を体験してもらえたら…。30代の女性スタッフが増えたことでもっと働き方をバイヤスで出来ることを増やしたい。私のKPIが明確にでき、そこから逆算での仕事になっていきました。1.自分が働きたい美容室はどんなところなのか2.お客様として信頼できる美容室の在り方はなにか3.誠実な経営とはどんな事なのか心の真ん中にこの3つを置き、何かに迷ったらここに立ち戻っています。「あなたのサロンを簡潔に説明するにはとどう伝えますか?」私が去年、一番された質問です。あの時は本当に苦しかった…笑もし、この質問に答えが戸惑うようでしたら是非一度、文書にしてみてください。なるべく一行で目の前のヒトに伝えたいですよね。自分の志や想いに共感してくれる人がお客さまでありスタッフです。だからこそ、私の人生もさらに豊かになります。私の幸せははっきりしています。それはパートナーシップを築くこと。まず、自分の幸せを明確にすることが大切だと本当に思います。これが分からないと苦しみが大きくなってしまいますからね。センター南店はウミネコ美容室のお客様に一番に喜んでもらえるようにと考えています。落ち着けるように半個室にして、設備も内容もちょっと特別な空間にしていきます。お楽しみにです!【あなたの髪に、大切なすべてを。】たくさんの人へ伝わりますように…気持ちの贈り物を先に届けられるように、行動していきます。応援してもらえたらとても嬉しいです✨◇5月1日より営業時間が変更になります“10時〜19時から9時〜18時になります”◇5月17日にセンター南店オープン予定→横浜市都筑区茅ヶ崎中央7-10アートヒルズ203    ウミネコ美容室でご予約承ります☺︎◇女性スタッフ3名募集します→30代女性の働きやすい環境をご提案します。    メッセージお待ちしています☺︎

自分の感覚をとりもどす。

新しく4月がスタートしましたね。私もやっぱりこちらでブログを書かことにしました!(自分で作ったサイトは不慣れすぎて書けなくなってしまったのでやめました…w)2019年に入ってから、私なりにスピード感を持って取り組んできましたが、3月は少しスローペースになっていて危なかったです…【取り組んだこと】・スタッフのチーム編成・働き方への時間でのコミットの改善・組織形成の骨組み・自社製品への最終段階・新しい店舗の確定この辺りでしょうか。なかなか、しんどい案件で決定することが二転三転してしまい、かなりスローペースになってしまいました、が、やっとペースを取り戻せてこれたかなと思います。仕事とは、やはりどうコミットしていくか、結果をだすか、だと思っているのでお客様、スタッフにしっかり還元でき、喜んでもらいたいですよね。女性スタッフが3人一気に増えたので働き方のプラスな改善をできるようにしていきたいです。そのためにも、会社としてどう利益を上げていくかが、私の最大のミッションになるわけです。毎日こんなことを考えていて、チャリティーでハワイに行ったことすら遠い記憶に…この体験で参考になったのは、“お金ではない対価”で仕事をするということを思い出したこと。チャリティーは全てドネーション(寄付)になるのでハワイでの売上は福島へ寄付されるとのこと。技術をして手作りのゴハンを食べさせてもらう、お金ではなく気持ちのやりとりは初めてで心地よい美容師としての時間でした。美容師の仕事にこんな循環の仕方があったんですね。3月はたくさんの懐かしい人が会いに来てくれて、“美容師の仕事”の素晴らしさを再確認させられました。会いたい気持ちがあったら来てくれる。これをそのままプレゼントしてもらえたみたいでなんだか新人の時の気持ちを思い出しました。あの時代は、髪を触れるだけで嬉しくて、お客様と話せるだけで嬉しくて、先輩に褒められたら舞い上がる気持ちでした。慣れてしまったことは、新しいことに触れるとなぜか自分の積み上げてきた仕事に向き合わせてくれます。ホントに喜んでもらえてるのかホントにお客様にとってこれでよかったのかホントに自分はこれでよいのか新しく“ふれる”ことがまだできることに感謝していきます。さぁ、スタートですね。【5月17日にセンター南に新店舗をオープンします】今まで以上に喜んでもらえる会社になるために精進してまいります。ぜひ、みなさん応援してくださいませ!

繋げる人。

私の周りにはたくさんの努力していてスゴイなーと思える人たちがいます。美容師以外でも、その専門分野で結果を出して築きあげてる友達も私の尊敬している人たちです。ケイティもその一人。保育士からネイリストオーナーへ。オーストラリアで永住権を持ちデザイナーとして活躍してる友達。いろんなビジネスのフレームを作り、スゴイトップの方々との仕事を成功させながらも 決して前に出しゃばることなくいつも、周りの発展へ愛に溢れる仕事をしている友達。まだまだ、たくさんいるのですがいつも話を聞けるだけで私にとって新しい体験をさせてもらえる影響をくれるそんな大切な人たちです。本当に頑張っている人、輝いてるは人には特徴があると思います。自分の努力に対して無頓着。こういうと語弊があるかも知れませんが、美容師でいうと『毎朝インスタアップしてこんなにわたし、頑張ってるんです』『売上あげれたのはこれだけの仕事を、わたしがしてきたんです』という話を聞いたことがないです。まず、相手から見て「あの人努力してるな」、 と感じることがあるから評価につながる。私はそう思って仕事をしています。尊敬出来る人は、自分のしてきたことをむやみに話さず、偉ぶらないですよね。好きなことだから、している感覚みたいなことだと思います。いつも心配しているちょっと意味合いが違うかもしれませんが、私からしたら『成功して結果出してるのに!』と思う人ほど、「人に対しての配慮は出来ていたか」「自分よがりの仕事になっていないか」「自分の周りの人へ伝わる仕事が出来ているのか」要するに、自分の身近な人への心配?気にかけているココロを持ち合わせてる方が多い。本当に仕事を大きく成長させてる方は 人に対して本当の意味で愛があり、(この場合ただ 優しいとは違います)相手のことをものすごく考えている。そして何かあった時に問題の根本を解決することを目的としています。一緒にいて気持ちを上向きにしてくれるこの一言に尽きるかも知れません…!ホントに頑張っている人って話していてめちゃくちゃ楽しいですよね(^^)マイナスな会話にまずならないですし、どーでもいい話もしなくても良い。そしてビジョンもあるからいつも感度の高い気持ちをくれます。自然と相手への良い影響をプレゼント出来る人がもしかしたら仕事もプライベートでも一緒にいたい人かもしれませんね!私も そんな繋げる人でありたいです。

“体験”をプラスに変える。

今月は、女性をキーワードにしてみようかなと思います(^^)“女性に対する接し方”で悩んだことはありませんか?私は女性なのですが、女性への対応で苦労する事が多々ありました。気持ちのすれ違いは、ちょっとしたことで溝ができてしまい大きなわだかまりになってしまう怖さも学んできました。当たり前ですが、こじれてしまうと何をしても埋められなくなる可能性が高くなってしまいます。(修復への時間がかなり必要になります)私自身、こんなに配慮しているつもりなのに「なぜ、上手く伝わらないのだろう」と悩む事が多かったです。この女性の繊細な心への配慮する言葉や対応へは、男性もですが、同性である女性でもすれ違いで傷ついてしまうことがよくある気がしています。私も仕事を始めてから、女性上司に対して思っていたのは、仕事だという理解は出来るのですが、どうしても相手を一人の女性としても判断する部分が多かったということです。そうすると仕事がどんなにしっかり出来ても、女性として尊敬できる部分が少なかったり、『私の方ができてる部分多いし』的なことを思わせた時点で立場が作りづらくなるます。自分がそういった気持ちを抱いていたので、独立する時は本当にどうしたら良いかを考えていました。独立したのは30歳だったので、信頼して仕事してもらう事への難しさで苦しみました。どうしたら信頼してもらえるのか?どうしたら良い関係性を築けるのか?仕事での立場を相手に対してどうしたら理解してもらえるのか?(先輩、上司、社長として)とても大事な項目ですよね。仕事で基本的には、受け止めること、感情では話さないことが大切です。相手に対して、働きやすいように縁の下の力持ちとして動いてあげること、スタッフが評価されるようにさらりと何も言わずに協力してあげること。こんなところもポイントですよね。今、私が心がけているのは“ありがとう”をしっかり主語をつけて伝える。ただの“ありがとう”という単語よりも、何に対して「嬉しかったのか」、「感謝したのか」を伝えることをしています。私自身は感情のコントロール、伝えたいことを伝えることへの失敗は言葉足らず、相手の気持ちへの配慮不足が多く、感情を抑えること、常に一定のテンションを保つことへの難しさも痛感しました。ただ、この部分への自分への改善はすぐに変えるのはとても大変かもしれません。それよりもまず、“見た目”を変化させることをオススメします!なぜなら、一瞬で変わった感をだせるからです!そうすると、内面的な変化も起こしやすくできます。なので、まずは外見からチェンジする。すぐに変われるポイントをお伝えします!逆算思考で考えるとどういう人とはあまり仕事したくないか?を考えるとわかりやすいと思います。仕事に追われて疲れている雰囲気や態度→笑顔がない人、言葉が投げやり洋服やヘアスタイル、身だしなみなどキレイと思えない→洋服がシワシワ、シミ、髪型バサバサ、カラー伸びてる、美容室に3ヶ月行っていない感がある挨拶が声だけ(ちゃんと相手を見ていない)→気持ちが分からない、誠意が見えない体型や姿勢、立ち振る舞いが好感が持てない→猫背、内股、ナヨナヨしているざっとこんな感じでしょうか。自分だと気付きづらいのでそんな時は、写真や動画を撮影してもらうと良いと思います!あとは客観的なアドバイスをくれる信頼できる人がいると良いと思います。(ダメ出ししてくれる人)見た目ははっきり言ってすぐ変えられます!女性であればスタイルチェンジではなくても髪の毛先を綺麗にカットする、艶感があるようにお手入れする(トリートメント、シャンプー、客観的なメンテナンス、毎月の美容室でのケア)洋服を安くても良いので素材に気をつける(シワになりづらい、光沢のある素材を入れる、仕事の服を白シャツやワンピースなど決めてしまうのもひとつです)コンビニでの食事を控える男性であれば月一でカットする(客観的に整える)食べシミ、洗濯シワがある服は着ない、体型に合わない服(キツそう、ダルダルなど)を着ない体型への気配り(太りすぎない)匂いへの配慮(口臭、体臭、タバコ、香水も強すぎるものは嫌われやすい)ヒゲはあるなら整える気分や感情をいきなり、仏のようにするのは無理でも 笑 見た目はすぐに変えれて時間もかかりません!女性スタッフがいる経営者さん、もちろん、女性オーナーさん、美容師のみなさん、社会人のみなさん、行動する価値ありです!どうせならお互い心地よく仕事したいですし、第一印象は良い方がそのあとのコミュニケーションは円滑ですよね!“清潔感”は私たち美容師、経営者なら必ず、持ち合わせてほしいものだと思います。“美”を作る側ですしね。そして、女性に対しての配慮としてまず、自分自身の身だしなみ、立ち振る舞いを意識して向上させる。信頼してもらえる“見た目”もとても大切です。キレイに自分を整えていれば、いきなり何か誘われても戸惑いませんし、しっかり整えた自分でいれば身が引き締まり、相手に対しても自信ををもって行動出来ます。それだけで、話し方、相手への伝え方へ意識が上手く回りだすと思います。自分の身だしなみに無関心な方より、“整った”方と仕事する方が嬉しいものです。そして信頼もされやすいです。せっかくです!楽しんで自分をバージョンアップしていきませんか☺︎

「国際女性デー」知ってましたか?

アメリカ合衆国などは、国際女性デーを含む3月を女性史月間としているそうです。私も女性。せっかくのこの特別な女性の日に気持ちを書きとめておきたいと思います。 最近は、女性の活躍が多くなって来て女性経営者のステキな方と出会えることが多くなりました。女性が活躍できるって本当に素晴らしい時代ですよね。そもそも私が《美容師》で仕事すると決めたのも男女問わず実力で生きていけると感じたからです。実際に美容師として働きだしてからは、性別のハンデを感じることは少なかった気がします。ただ、体力の差だけは実感したかな…と。そこが私自身が東京で美容師をしていくことを諦めた一つです。私はいろんな土地へふわふわと身軽に移り住んで来ました。引っ越した回数はざっと20回。新しい環境へ身を投じることへの不安よりも新しく出会える“何か”に心がいつもワクワクしていました。そんないろんな土地や職場環境で過ごしてきた今までを振り返ってみても私は女性で良かったなと思います。私は、女性だから出来ること、男性だから出来ることは、性別の役割みたいなものを尊重し、お互いに生きているコミュニティの中で歩み寄れたら本当に良い方向にいくと思っています。あくまでも私にとっては、仕事でもプライベートでも、性別での判断でなく、“ヒト”としてどんな素晴らしいところをがあるかが、とても重要で、互いに持ち合わせられない特性を埋め合わせながら、尊重して生きることが出来るからこそパートナーとして寄り添え、頼れるのではないでしょうか。私は人生をこんな気持ちで生きていきたいし、日々生きています。今はそれでも、ライフワークの中では女性の方が役割が多くなりますよね。妻として母として女性として出産も女性が担う大きなライフイベントの一つ。その後も子育ても“育メン”が増えたとはいえ、多くは女性が仕事を減らし、食事、掃除、子供への時間を費やしているのではないでしょうか。(もちろんそれが幸せな女性も多くいますし、それも一つの役割の分担だと思います。)大きな自分の半径をもって柔軟に対応できる女性はカッコいい。そしてそんな女性の一員であることが私は嬉しい。こんなにパワーと愛がある。そしてそのパワーと愛を分散させながらしっかりと注ぐことができる。(男性にパワーや愛がないということではありませんよ!違うカタチです)多くの課題にしなやかに強く生きるこれが出来るのも男性よりも女性なのではないでしょうか。気持ちが女性に寄り添える男性がいても良いし、頼れる強い女性がいても良い。少し前の時代に比べたら、女性の立場が確立され、意見も尊重でき、実力を待ち合わせれば社会から認めてもらえます。お互いを大切にして想い、尊敬し合える“ココロ”があれば作れる環境をよりよく自分次第で出来る時代です。こんなにも素晴らしい環境があるのは前の時代を懸命に力強く、本気で女性の地位向上へ命を注いでくれた多くの女性がいてくれて、そしてそれを支えて後押ししてくれた男性の方々がいたからですよね。そんな苦しみと戦ってきた努力と想いを次の時代に少しでも繋いでいける生き方をしていけたらいいな。私という自分と向き合い、そして女性としてしなやかに生きていく。今を生きれること。日本で生まれたこと。感謝でしかないです☺︎

地域イベントへの想い。

2018年、取り組むと決めて目標にしていたイベント企画をして開催しています。「なんでイベントをしたいのですか?」というご質問を頂くのですが、きっかけは去年、初めて主催した女性に向けての働き方へのイベントで喜んで頂けたことが 私にとってすごく良い刺激になり、その感覚を自分だけ実感で終わらせるのはなんだかもったいない!もっと生かしていきたい!こんな気持ちが芽生えました。ですが、実際にどこに向けての発信するのが 今までの私の経験や技術、知識で貢献できるのかな?と考えたときに、シンプルに一番に感謝の気持ちを伝えたいヒトへの貢献がしたい!と思いました、であれば『お客さまとスタッフだ!』ここからがスタートでした。そこで、週2回のサロンワーク以外の時間を、もっと私自身がお客さま、スタッフ、地域の皆さまに『役に立てること』に時間を使いたいと考えました。これが今の《地域貢献》への発想の原点でした。実際、開催して思うことは…▢シンプルに喜んでもらえるコトは“一番の自分の嬉しい”になるということ▢美容師としてのプロ知識は一般の方には価値が高いということ▢同じ地域の異業種の方との繋がりを生かして自店のお客様にもお伝えしてお役に立てることここを少しずつですが、実感しています。美容師として学んできた知識や技術は美容師さんが思っている以上に役に立てることが多いと思います。美容師として当たり前のブラッシング知識や、頭皮のツボもその一つですし、私たちにとったらカンタンなヘアアレンジも一般の方からすればスゴイことの一つ。これも、もっと美容師の仕事として成り立たせていけると感じています!お客さまに『喜んでもらえること』はどんな仕事でも根底の土台として なくてはならない一つで、美容室もただ、美しくするだけでなく笑顔になってこの美容室に来て良かったと、常に実感してもらうことことが一番の使命であり、そこに大きな役割を担っていると私は考えています。Umineko美容室として、もっと周りの役に立ちたい、この気持ちを代表である私が しっかりと大切にしていきたいなと。会社として社会貢献は大前提でもあると考えています。1回目の自分の新たなイチメンを見つけるヘアメイク&ファッションコーディネートは私一人で2名にレクチャーさせて頂きました!参加してくれたお客さまがアトリエに来てくださった時にその日にさっそく「メイクを変えた?そっちの方が良いよ!」と男性に褒められたと言っていただけてとても嬉しかったです!2回目はセンター南の肌リフトエイジングケアthanqのオーナー池ノ上さんをお招きして7名へレクチャーして頂きました!こちらもお肌やブラッシングへの効果の実感して頂けて「今ウミネコで使っているブラシを買いたい」と言っていただけたり、「家で家族にマッサージしてあげました!」と言って頂き、本当にそれだけで開催した意味があり、嬉しいなと思います。(池ノ上さん、ありがとうございます‼︎サンプルプレゼントやエステ体験のチケットとメッセージカードもとても喜んで頂けました!)今後はウミネコ美容室のお客さまや、まだウミネコ美容室に来たことない方にも参加していただけるような魅力的なイベントも出来たら良いなと思っています(^^)もちろん、本質として、美容室として来てくださるお客さまに頭皮、髪、肌、心をいたわり、ヘアスタイルで笑顔を紡いでいくこと、そしていつもUmineko美容室を選んで来てくださるお客さまに喜んでいただくことを一番に大切にしていきます。いつも通ってる美容室がちょっと周りに自慢できる、そんな美容室になりたい。Umineko美容室として大切な顧客の皆さまに貢献できる“一つの楽しみ”となれば本当に嬉しいです(^^)そのもう一つとして…ものすごく潤いがありつつサラツヤになるケアのご提案をしていきます!Umineko オリジナルシャンプー&トリートメントもお楽しみに(*´꒳`*)参加してくださったみなさま、心より感謝いたします!ありがとうございます!

感謝。ありがとう

実は体調を崩してしまい、今週のサロンワークをお休みさせて頂きました。2月は体調崩しやすいのですが、気をつけてはいたものの、久しぶりに高熱が続いてしまい休むことに決めました。(無理して結局行けない、出来ないのが一番お客様にもご負担かけてしまうので)ほとんどのお客様が振り変えて頂けたのですが、長野からのお客様はネイルもロピで同日にされるのでスタッフに任せることになりました。不安でなく安心して長年担当の大切な指名のお客様をスタッフに任せる事が出来るようになれたことが嬉しいですし、自分自身も変わったなと、思います。以前だと、絶対に休めない状況でした。専属スタイリストだからこそ臨機応変な対応が出来ますね。アシスタントがいる前提のサロンで予約を隙間なく埋めてるサロンワークであれば、どんなに体調悪くても“行かなきゃ”となってました。そこで無理をして結果、もっと休むことも多々ありました。その方がはっきり言って迷惑かけることももう痛いほど経験して来ました。実は、昔から結構 病気をしています。・中学1年生で胃潰瘍になり、3箇所 胃に穴が空き1ヶ月入院(毎日点滴、2週間絶食だったので本当に辛かったです)・美容師1年目に今よりずっと太ってたのになぜか栄養失調に…(サロンワークの日は120円のコロッケパンしか食べてなかった…一人暮らしで給料も安いけど服にお金を使いたかったので食費は後回しに)・美容師3年目で急性膵炎で3日間入院(この時も、ささみチーズカツとおにぎり一個を貫いてました…200円で済んだので)・美容師4年目で交通事故に遭い1ヶ月入院(高熱でフラフラの状態だけど休みたいと言えず、家を出てすぐに事故に遭いました)まだ、あるのですが、やめときます…笑ほとんど、自分がいけないのですが、20代の頃は何かしら体調を崩し休みの日は病院によくいっていました。仕事がハードだったのが一番の原因だと思います。・休めない・先輩、上司、オーナーが異常に怖い・お給料が低い・一人暮らしなので食事をコンビニ頼り・頼れる人がいないから無理をしてしまうこれを経験しているから今のUmineko美容室の福利厚生、給与システムがあります。体調不良の時に出勤して頑張れる時とそうでないと境界線も経験を積み重ねてる わたしは少し分かるようになりました。今回は無理ができないと判断して、“休む”ということでUminekoスタッフ、LOPIのスタッフに助けてもらいました。頼れるスタッフに感謝しています。スタッフを信頼してくださるお客様にも感謝 申し上げます。せめての感謝blogを書きました。どうか届きますように…みんな、ありがとう。